ランドセルの価格相場-失敗しないランドセルの選び方|ためになるランドセル塾9

ためになるランドセル塾9
  1. >
  2. 最近のランドセルの特徴とは

最近のランドセルの特徴とは

最近のランドセルはカラーが豊富で、A3の大きさもはいるランドセルがほとんどです。しかも、軽さも重視していて、お値段も4万円から10万円以上のものまでピンキリです。

昔は女の子は赤のランドセルのイメージでしたが、最近は水色や茶色などといったいろも人気です。ランドセルにハートやリボンなどのデザインがあるランドセルもあります。男の子は、かっこいい刺繍があったりします。六年間しっかり保証がついているのがほとんどです。

ランドセルと僕

ランドセルは、俺の時代は黒色と赤色の2種類だったのに、最近は色とりどりのランドセルが販売されている。それに、最近はランドセルの色で男女の区別が付かないように女の子も黒色のランドセルを使ったりして防犯にも務めているらしいです。

強度の方も良くなっていて長持ちするらしい

昔は、四年も使えばしわくちゃになっていたが最近のランドセルは、6年間使っても全く汚れがつかなかったり傷が目立ちにくい素材などがあるらしく凄い進化を遂げている。

ランドセルは進化している

私は小学校へ入学する前、両親よりランドセルをプレゼントされ、心躍らせていました。

しかし、デザイン的には35年前の当時でも古く、しっかりしていましたが、重たいものでした。

カバーが開かないように止めるのも、回して閉じるロック式でした。

友人たちのを見ると、ワンタッチ、押しボタン式でしかも軽いという点でした。

私のよりも高価であったとは思います。

しかし、この利便性は当時6歳の私にも明らかに分かりました。

当時は男の子は黒、女の子は赤でした。しかし、最近は女の子でも黒を背負っている子を

見掛けますし、色に関してはありきたりの2色だったのが、変わっています。

水色だったり、黄色だったりと色だけでもこれだけ進化しているのには驚いています。

↑ PAGE TOP